クラミジアは、どこで感染する?

性感染症にも様々な種類がありますが、クラミジアも代表的な病気のひとつです。

こうした病気を防ぐためにも、まずはどのように感染していくのか、感染ルートについても知っておきましょう。
感染ルートとしては、感染者の粘膜や体液が相手の粘膜に触れることで感染していきます。
感染力は強いですが、菌としては弱いもので、人の細胞内から離れてしまうとすぐに死んでしまうものです。
それゆえにトイレやバスルームで感染することはないとされています。
感染ルートはほぼ性行為となっていますがコンドームを使わない性行為では特によく感染するので注意が必要です。
男性の尿道から女性の膣内に感染することもありますし、その逆の場合もあります。
そして性器からの感染だけではなく、のどの粘膜からも感染し、この場合はオーラルセックスで感染することがほとんどです。
さらにディープキスでも感染することがあります。
防止策としてはコンドームをつけることがあげられますが、外してしまうと相手の粘膜や体液に触れてしまう可能性がありますので、完全に防ぐのは難しいと言えます。
症状としては、女性の場合はおりものが増える、不正出血がある、下腹部の痛みや性交維持の痛みなどがあり、症状がないことも少なくありません。
感染したまま放置していると不妊症の原因となることもあり、感染が広がると肝周囲炎がお子あることもあります。
男性の場合は排尿痛、尿道からうみが出る、精巣上体の腫れなどがあげられますが、女性と同様、症状がないこともあります。
のどの感染についても知っておきたいですが、こちらは感染していても症状が出ないことが多いようです。
症状が出る場合は、のどの腫れ、痛み、発熱などがあります。
治療の場合はクラミジアに効果のある抗生剤を服用し陰性になっていることがわかったら治療終了です。
治療もひとりだけではなく、パートナーも感染している可能性が高いので、どちらも診察や検査は行なっておきましょう。

カレンダー
2017年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930