淋病にもクラビット

淋病というのは、男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎になってしまいます。
男性の場合では尿道に痛みが出るためすぐに感染に気づくことが多いですが、女性の場合は表立った症状が出にくいため感染に気づかないことも少なくありません。
感染に気づいたときには不妊症になっているケースもあるため、女性にとっては怖い病気なのです。
その淋病を治すのに使われる医薬品の一つにクラビットがあります。
この医薬品はニューキノロン系経口抗菌製剤であり、感染した淋菌のDNA合成を阻害してくれるのです。
体内の淋菌の増殖を抑え、存在している淋菌は免疫力で殺菌させてしまいます。
比較的副作用が少ない割りに高い効果があるとされているため、多くの患者が利用しているのです。
1回1錠を毎日1日1回服用して、1~2週間で完治すると言われています。
また女性のなかには感染した症状がないもののパートナーが淋病だと判明したことから、クラビットを使用し始めるケースがあります。
淋病は医師でも誤診してしまうことがあるため、万が一感染していたことを想定して服用するわけです。
そのため、医師のなかにも誤診で放置されるのを避けるために、可能性があったら迷わずに処方することもあります。
仮に感染していたら治療することができますし、感染していなかったら何事もありません。
淋病の感染による最悪のケースを避けるためにクラビットを使用することは決して珍しいことではないのです。

カレンダー
2017年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930